JALの「どこかにマイル」2回目の旅!

抽選で決まった、降り立つ空港は鹿児島空港。

 

初日は鹿児島にて桜島に上陸し、壮大な火山を周遊しました。

 

参考記事>>>【鹿児島】桜島とうなぎと白熊!たっぷり遊べる鹿児島タウンの旅

 

その日の夕方、鹿児島から宮崎に向かいます。

鹿児島-宮崎 特急きりしま

特急「きりしま」で宮崎へ

 

鹿児島から特急で2時間、夕暮れ時に宮崎に到着です。

一泊したのち、2日目は宮崎観光へ出発します!

宮崎観光ホテル

宮崎観光ホテルに宿泊。2棟が続いていて超広い。

 

インスタ映えの絶景!洞窟神社「鵜戸神宮(うどじんぐう)」

翌日は宮崎を観光します。

 

宮崎の観光って、高千穂やえびの高原などが有名ですけど、有名スポットが県内の各地に散らばっているんですよね…

高千穂なんてJR特急とバスを乗りついで、片道2時間30分かかります。往復5時間!

おまけに電車の本数も多くないので、クルマを運転できない身としてはなかなかツラいところ。

 

駅前バスターミナルで「日南レトロバス」を発見。

宮崎の南部、日南海岸を走るバスで、行き先は青島神社鵜戸神宮を経由しての飫肥(おび)行き。

 

鵜戸神宮は、旅行ガイドで見て名前は知っていたのですが、地図ではJRの駅からも遠く、かなり行きにくく感じていました。

 

バスなら一本でラクラク行くことができます。

鵜戸神宮に向けて出発!

 

鵜戸神宮までラクラクバス旅「日南レトロバス」

宮崎駅から鵜戸神宮 日南レトロバス車内

 

日南レトロバスは宮崎を代表する景勝地・日南海岸を走る、宮崎から飫肥(おび)を2時間以上かけて結ぶバスです。

 

乗車時間は長いものの、窓から見える海の景色も素晴らしく、退屈はしませんでした。

バスに揺られて1時間30分、鵜戸神宮の駐車場に到着!

 

鵜戸神宮の説明

鵜戸神宮は、宮崎県の南部に位置する日南市にあり、縁結びや安産・子宝などのご利益で人々の信仰を集めています。

 

何よりもインパクトがあるのが、神宮が建つ「場所」と「位置」。

なんと境内は絶壁の波打ち際にあり、本殿は洞窟の中にあります。

 

鵜戸神宮までの参道

さて、改めて鵜戸神宮のバス停(駐車場)でバスを降りたところから。

鵜戸神宮 駐車場

 

うわー、何もない!

 

確かにるるぶでも、青島神社は周辺エリアを含めての観光にページが組まれてたけど、鵜戸神宮は鵜戸神宮だけしか掲載されていませんでした。

 

そういうことかあ…周辺にお店が無ければ紹介できないよなあ…

 

本殿を目指して参道を歩きます

駐車場から参道に入る、階段の入口にお土産屋さんが一軒。

冷たいジュースもありそうなので、帰りに寄ることにしましょう。

鵜戸神宮 土産屋

 

では、参道を参りましょうか。

階段を上り…

鵜戸神宮 参道の階段

 

トンネルをくぐり。

10分ほどてくてくと歩きます。

鵜戸神宮 参道のトンネル

 

宮崎名物、肉巻きおにぎりのお店を発見!

鵜戸神宮 肉巻きおにぎり店舗

 

もうおなかがペコペコです。

タレ味とゆず味、合わせて3個を自由に選べるセットを注文。

鵜戸神宮 肉巻きおにぎりメニュー

 

おいしい!

鵜戸神宮 肉巻きおにぎり

 

少し階段を下りた先に、いよいよ鵜戸神宮の境内が見えます。

鵜戸神宮 参道

 

境内前には店舗が2店。

すっごくオシャレなお土産屋さんと、オシャレなカフェ。

鵜戸神宮 お土産屋

鵜戸神宮 カフェ「RAINFOREST」

 

鵜戸神宮境内

鵜戸神宮 正門

 

重厚な門をくぐり、本殿を目指します。

鵜戸神宮 境内

 

振り向くと、こんな景色。

すでにこんなに絶壁に来ていました。

鵜戸神宮 境内から見る崖

 

見えた!(見えているのはまだ本殿ではありません)

有名な風景の通り、白波近くの崖の下。すごいところに建っています。

鵜戸神宮 小屋

 

本殿は洞窟の中

崖の下まで階段を降り、鵜戸神宮の本殿は崖の下の洞窟の中にあります。

鵜戸神宮 洞窟内

 

こちらが本殿。

岩肌の下、奥に開いた1000平方メートルほどの洞窟内にあります。

写真は明るく撮れていますが、奥はもっと暗く、陽の当たる外は炎天下であるものの、洞窟内はひんやりとした静かな空気に包まれています。

鵜戸神宮 本殿

 

運玉投げ

参拝を終え、階段下の広場に出ると、参拝客が海に何かを投げています。

これが鵜戸神宮の名物「運玉投げ」。

鵜戸神宮 運玉投げ

 

絶壁の下にある亀のような岩(亀岩)の背中にあるくぼみをめがけて「運玉」を投げ、投げ玉が入れば願い事が叶えられると言い伝えられています。

鵜戸神宮 運玉の説明

 

この運玉を投げます。

鵜戸神宮 運玉

 

男性は左手で、女性は右手で投げるのがルールとのこと。

僕は慣れない左手で投げるうえ、近くに見えても亀岩は案外遠く、入った!と思っても、カンッと軽い音を立てて跳ね返される運玉。

 

何だこれすごく難しい!

とりあえず、「亀の背中に当たってもOK」とのことなので、当たっただけで満足することにします。

 

再び、駐車場

暑い中を駐車場まで帰って来て、汗だくでした。

ここで、帰りのバスを待つ間に、階段の所にあったお店で生絞りジュース!

これがすごく美味しかった!

鵜戸神宮 駐車場のお土産屋

鵜戸神宮のお土産屋の日向夏ジュース

 

宮崎から鹿児島空港へ

宮崎まで来ているので宮崎空港はすぐなのですが、「どこかにマイル」のルール上、帰りも同じ鹿児島空港からのフライトです。

ありがたいことに宮崎からも空港バスがあり、鹿児島空港に移動。

 

この2日間で一番きれいに見えた桜島を眺めながら、大阪に帰ります。

飛行機からの桜島

 

鹿児島&宮崎の旅、終了!

 

【交通+ホテル】楽天トラベル ANA楽パック・JAL楽パック

メインカテゴリー
こちらの記事も読まれています