今年の春は、3月に次男が産まれたこともあり、例年、東京に出向している同僚と行っていた富士山一周サイクリングには行けなかったんですね。

 

しばらく会っていないし、何かしら旅行には行きたいよなあと話をして、

 

●おいしいものを食べたい

●いい温泉に入りたい

●今回は自動車を運転してもらえるので、自分では行けないところを回りたい

●八幡浜を紹介したい

 

ということから、

 

【一日目】羽田空港と伊丹空港からフライトし、福岡空港で現地集合 → 佐賀・呼子のイカ → 佐賀・唐津城 → 佐賀・嬉野温泉で一泊目

【二日目】嬉野温泉 → 大分・日田の焼きそば → 大分・湯布院で立ち寄り湯 → 大分・佐賀関から愛媛・三崎まで国道フェリー → 愛媛・八幡浜で二泊目

【三日目】八幡浜 → 伊予灘・佐田岬せとかぜ海道(自動車だけど)の夕やけこやけライン → 愛媛・道後温泉で立ち寄り湯 → 松山・ことりの鍋焼きうどん → 松山空港で現地解散

 

という、行ってみたいところ、連れて行きたいところ、てんこ盛りの旅程を組んでやりました。

 

スポンサーリンク

走行ログ

ログデータがGoogle Mapのインポート上限を超えてしまったので、画面のキャプチャ。

 

各ポイントはこんな位置。

 

スポンサーリンク

一日目

佐賀・呼子のイカ

今回寄ったところは「河太郎 呼子店」。

http://www.kawatarou.com/

 

以前に有名店、海中レストランの「呼子 萬坊」さんには行ったことがあったので、別の店にしてみました。

味とメニューはほぼ一緒、今回の河太郎さんは店内にプールみたいな生簀があって、そこでイカが泳いでいました。

観光で行くなら、店舗まるごと船という萬坊さんのほうが、あとの話題にはなるかも。

http://www.manbou.co.jp/restaurant/index.html

 

 

大事なことなのでもう一度。

味は両店とも新鮮でおいしいイカが食べられますので、どちらが良いなどはありません。めっちゃおいしいです。

 

佐賀・嬉野温泉

「美肌の湯」として知られる有名温泉。

ちなみに日本三大美肌の湯のもう2つは、島根県の斐乃上(ひのかみ)温泉と栃木県の喜連川(きつれがわ)温泉。

 

今回宿泊した施設は「嬉野温泉 ホテル桜」さん。

施設は少し古いですが、リーズナブルで、お食事も悪くなく、バランスの取れているお宿でした。

 

ただ、全体的にピンクで、男だけで行くのは少し恥ずかしい。

ロビーにハートのイルミネーションとかありますからね!

 

温泉は最上階にあり、街の景色を見ながら入浴することができます。

嬉野温泉の泉質は良いですねー。ぬるっぬる。

肌になめらかに残り、お風呂から上がった後もしっとりとしています。

 

あとは嬉野まで来たら外せない「嬉野茶」と「温泉湯豆腐」もしっかりいただきました。

 

スポンサーリンク

二日目

大分・日田焼きそば

嬉野温泉を出て、お昼ご飯はどこが良いかなと探しているときに見つけたご当地グルメ。

日田といえば「おひなまつり」くらいしか知らなかったのですがあとは日田天領水とか、あとは「進撃の巨人」の作者の諫山創さんもここ出身だとかで、街のパンフレットに載っていました。

 

有名チェーンの想夫恋(そうふれん)さんは、九州以外にも神奈川、滋賀、京都、名古屋に店舗があります。今回はチェーン店ではない、地元だけのお店に入りましたが、京都は近いし見たら寄ってみよう。

 

大分・湯布院温泉

ご存知有名観光地。

広い露天風呂で、由布岳を見上げながら立ち寄り入浴。

それにしても、湯布院は温泉街というにはエリアが広く、おしゃれな店が多いですね。

 

国道九四フェリー

せとかぜ海道を通って佐田岬まで行った際に、しれっと書いたこの一文。

ただこの佐田岬、本当に終着点で、戻る以外どこにも行くことができません。

(三崎港から大分・佐賀関行きのフェリーは出てますが、また別の話ということで。)

 

この三崎港と九州・大分の佐賀関港を結ぶフェリーに乗ってみたかったんです!

http://www.koku94.jp/

 

この航路、れっきとした「国道」なんですよ。国道197号の海上区間。船の航路が国道です。

一時間に一本出航し、乗船時間はわずかに70分。ごろごろしてるうちに大分から愛媛に着きます。

 

愛媛・八幡浜

はい。またまた来ました八幡浜

浜味館あたご→お茶漬け→スーパーでホテル用おやつの鉄板メニューです。

 

三日目

せとかぜ海道

八幡浜から西の佐田岬半島側は走りましたので、残りの東側、松山までの道を見てみたかったんです。

走りやすそうだったら、ロードバイクでも走ってみたいですしね。

 

 

で、感想なんですが…

海のすぐそばを走るので、景色は良さそうですが、幹線道路なので交通量が多く、走り慣れていないと疲れるかなぁ、という印象。

 

愛媛・道後温泉

 

せっかく道後温泉まで来たのですから、本丸を攻めましょう。

入るのはもちろん、「道後温泉本館」です!

 

 

ところでこの道後温泉本館、湯殿が2つあるってご存知でした?

まずは昔から銭湯と同じ感覚で地元の人に利用されてきた「神の湯(かみのゆ)」のほか、別に「霊の湯(たまのゆ)」という、少し趣の違う湯殿があります。

 

また、2階と3階は休憩室。

2階は大広間での休憩室(神の湯用二階席、霊の湯用二階席)があり、3階は個室(霊の湯用三階席)です。

この休憩室を利用する場合はお茶とお茶菓子も出ますので、お風呂上りにふぅっと一息つきましょう。

 

ことり

昭和24年創業の老舗で、松山の鍋焼きうどんの超有名店。

双璧をなすもう一つの有名店に「アサヒ」さんがあります。

メニューは「鍋焼きうどん」と「いなり」のみ!

甘いダシが美味しいんですよ…♪

 

楽しい旅でした

ほっこりと温まったところで、2泊3日ドライブの旅は終了です。

佐賀関-三崎間の国道九四フェリーに乗りたかったのと、せとかぜ海道の八幡浜-伊予間を通りたかったことから組んだこの行程。

ハンドルを握ってくれた友人に感謝!

 

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています