テレビのCMでもよく見る、三井住友VISAカード

 

勝手に持っていたイメージは、

  • 有名
  • ステータスが高い
  • 年会費が高い
  • サービスは平均。特色ナシ

…だったのですが、調べてみたら、すごく誤解をしていたことが分かりました。

 

年会費は無料までごっそり削ることができ、ゴールドカードでも4,000円

ポイントもざっくざくで、キャッシュバックまであるという、かなり強力なクレジットカードと判明。

 

メインカードにする人、多いはずだわ。

→三井住友カードサイトの詳しいページはこちら

 

三井住友VISAカードの年会費は実は安かった!

三井住友VISAカードなんて、その知名度とステータスから、年会費が高いイメージがありました。

 

確かに、スタンダードなクラシックカードは通常年会費1,250円、ゴールドカードは通常年会費10,000円です。

ですが!

クラシック(定番)カードでも無料、ゴールドカードでも4,000円の年会費

でも実は、年会費に割引があるんです。知らない人は損してる気がする

  • WEB明細書サービス利用で翌年度年会費最大1,000円割引(クラシックカードは500円、ゴールドカードは1,000円の割引)
  • マイ・ぺイすリボに登録、かつ前年1回以上のご利用があれば翌年度年会費が無料(ゴールドカードは半額)

 

 

僕は、基本的にはリボ払いは不要と思っていますが手数料取られるし、設定一つでクリアできます。

リボ払いを始める設定額を、カードの利用限度額MAXに揃えておけば、事実上、リボ払いになることはありません。手数料も取られません。

 

ゴールドカードで年会費4,000円なんて、かなり安いですよね…

→三井住友カードサイトの詳しいページはこちら

 

ポイント増量orキャッシュバックがあるクレジットカードは珍しい

さらに日常使いでもガッツリいけます。

ネットショッピングでポイント増量を狙えるカードは他にも多くありますが、三井住友VISAカードで活用したいのが、「ココイコ!」というサービス。

 

街でのカード利用シーンで、ポイント増量orキャッシュバックを狙えるんです。

 

https://kokoiko.smbc-card.com/shop_list/indexed/

 

エントリーして街でカードを利用すると、ポイントやキャッシュバックの特典がもらえるという、使わなければ損!なサービス。

 

街ナカでいつでもどこでも、スマホからエントリーできて、エントリーは何度でもOK。

お店に行く予定があってもなくても、エントリーできます。

 

 

対象ショップは多く、百貨店まで入っています。

スーツのAOKIや青山、スポーツのVictoriaやL-Breathなんて、ポイント4倍orキャッシュバック1.5%ですからね。

普段使いで、かなりオトクに行けますよ。

 

Amazon、楽天、じゃらんまで!ポイント増量ざっくざく

ポイントUPモールでポイント最大20倍!

三井住友VISAカードのポイントシステム「ワールドポイント」は、基本的に1,000円で1ポイントの付与。

他のポイント(楽天ポイントやヨドバシのゴールドポイントなど)に交換した場合、1ポイント=50円換算となります。

 

街で使うときには「ココイコ!」でポイント増量が狙えるのに加えて、ネットでも、ポイントがざくざく貯まる「ポイントUPモール」があるんです。

経由してのネットショッピングだけで、ポイントが2~20倍貯まります

 

https://pointupmall.com/

 

  • Amazonでポイント2倍
  • 楽天市場でポイント2倍
  • Amazonファッションでポイント9倍
  • じゃらんでポイント6倍
  • ふるさと納税でポイント4倍

という、しょっちゅう使うサービスがポイント増量の対象になっているんです。

ふるさと納税でポイント4倍って…

 

こんな人にはこんなカード

三井住友VISAカードには多くの種類がありますので、カード別に対象の方を整理しますね。

デビュープラスカード

  • 満18歳~25歳限定。特典満載で、初めてのカードに劇推し
  • 初年度年会費無料、翌年度以降も年1回の利用で無料
  • いつでもポイント2倍!入会後3ヵ月間はポイント5倍!
  • ショッピング補償も付帯

 

「デビュープラスカード」と「デビュープラスカード(学生)」の違いは、利用可能枠です。ほかのサービスに違いはありません。

通常カードは10~80万円なのに対し、学生は10~30万円。

 

学生なら30万円でも十分なので、選びやすいですね。

 

クラシックカード

  • スタンダードなカード。実は年会費が安い!
  • 旅行傷害保険、ショッピング補償も付帯
  • 初年度年会費無料、リボ払いに登録して1回利用で無料(開始額=限度額MAXの設定にして、リボにならなくてもOK)

 

「クラシックカード」と「クラシックカードA」の違いは、旅行傷害保険の手厚さです。ほかのサービスに違いはありません。

通常カードは「最高2,000万円の海外旅行傷害保険」に対し、クラシックカードAは「最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険」。

 

アミティエカード

  • ケータイ・スマホ利用料のポイントが2倍!
  • 海外・国内旅行傷害保険、ショッピング補償も付帯
  • 初年度年会費無料、リボ払いに登録して1回利用で無料(開始額=限度額MAXの設定にして、リボにならなくてもOK)

 

ゴールドカード

  • 通常カードの2倍のボーナスポイント
  • ゴールドデスク、空港ラウンジサービス、ポイント有効期限3年間(通常2年間)という、ハイクオリティなカード
  • 海外・国内旅行傷害保険、ショッピング補償も付帯
  • 初年度年会費無料、10,000円(リボ払いに登録(開始額=限度額MAXの設定にして、リボにならなくてもOK)して6回利用で4,000円)

 

ポイント2倍のゴールドカードが年会費4,000円ははっきり言って安い!

 

初めて持つにも、切り替えるにも。実は魅力満載のお宝カードだった!

僕が今持っている某カードは、通常カードで、ポイントを1%にするためのオプションをつけて、年会費が5,000円。

通常カードですから、空港のラウンジなどのサービスは利用できません。

 

むしろゴールドカードのほうが、サービスも良くて年会費が安いという結果になって、かなり焦っています。

切り替えよう。

 

→三井住友カードサイトの詳しいページこちら