「どこかにマイル」大分編、最終回です。

1日目は別府の地獄めぐりを堪能し、宿泊地に選んだのは「鉄輪温泉」。

今回は鉄輪温泉の夜と、2日目、鉄輪温泉を基点に、明礬エリアと別府市街地を観光します!

 

これまでの旅はこちら。

 

別府の観光と交通の要所!宿泊するなら鉄輪温泉が便利

地獄めぐりのうち5地獄があるのがこちら、鉄輪エリア

 

地獄めぐりを終わらせたら、そのままホテルに入れるので、旅の拠点にするにも、すごく便利なエリアです。

別府市街地に比べて高台にあるので、街のあちこちから湯けむりが立ち上っているのを広く見ることができます。

 

街のあちこちから湯けむり。

 

鉄輪温泉の中心部。細い路地とバス通りが交差しています。

 

地面からも湯けむり。本当に温泉の町なんですね。

 

ホテル 別府鉄輪温泉 もと湯の宿 黒田や

宿泊したのはこちら、「黒田や」さん。

 

サービス、食事、温泉、どれをとってもすごく良いホテルでした!

部屋からの景色。山も海もすぐそこ!という景色です。

 

温泉もただの大浴場ではなくてですね、ドアを開けたら、階段を下りた先に浴場があるので、2階分の高さがあるという、すごく広い空間の岩風呂でした。

 

お風呂上りには、血の池地獄で見つけた大分限定ドリンク。

「日本一のおんせん県 湯あがり専用飲料」って、これはずるいですよね…気になるじゃないか。

 

夜はホテルの部屋から別府湾の夜景を望みます。

 

ホテルの最上階にはおしゃれなバーも。

注1)一人です

注2)浴衣です

注3)飲んでいるのはシンデレラです

 

この際だからとホテル内の整体院で90分のマッサージまでしていただきましたよ。

本当にいいホテルだったので、改めて紹介。

 

翌日は明礬温泉エリアへ

ホテルで一泊し、翌日に行ったのが明礬温泉の湯の花小屋

この明礬温泉も、地図で見るとやたら山奥に見えますが、鉄輪温泉のバス停から、路線バスで20分ほどで行けます。

 

明礬温泉はホテルのスタッフさんも「酔う」というくらい、温泉の成分も硫黄の匂いも濃いエリア

 

鉄輪温泉エリアからさらに高台へ

 

湯の花小屋を見学。

 

明礬エリアはガイドブックにも載っているものの、正直なところ、この湯の花小屋や露天風呂など、湯の里(←施設名)関連の施設くらいしか立ち寄るところが見当たらなかったのが少し残念でした。

 

帰りのバスはこの建物「岡本屋」さんの前にあるバス停から。

バスを待つ間に、名物の地獄蒸しプリンをいただきます。

 

こちらが名物の地獄蒸しプリン。

濃厚なプリンと、ほろ苦いカラメルが美味しかった!

 

空港バスを待つ間、再び別府市街エリアへ

明礬温泉から、路線バスで再び別府駅前へ。

お昼どきに戻ってきまして、本日のお昼ご飯は別府冷麺

 

観光案内所で紹介してもらったお店、「一番」さんです。

 

別府は冷麺が有名とだけ知っていたのですが、配膳されてきたのは、いわゆる冷やし中華とは少しイメージが違いました。

冷たい醤油ラーメンのような感じ?

 

さっぱりとしたダシに酸味のきいたキムチ、それと独特な食感の麺が特徴ですね。

 

別府タワー

さて、空港へ向かうバスの時間までもあと少し。

旅の最後に「別府タワー」に上ります。

 

ベタですけどね、高いところから見る景色って好きなんですよ。

 

別府タワー

 

入場料は200円。安っ。

 

別府タワーからの景色。

 

先ほどまで滞在していた、鉄輪温泉方面を望みます。

 

時間いっぱいまでしっかりと観光できて満足です。

それでは空港行きのバスに乗り込みましょう!

 

見どころが多すぎて行けなかったところ

時間いっぱいまで遊びつくしたのですが、別府だけでもまだまだ見どころは多くあり、行けなかったスポットもあります。

正直、一泊二日じゃ全然足りません。

 

別府ロープウェイにも乗りたかったし、

アフリカンサファリにも行きたかったし、

泥湯で有名な別府温泉保養ランドにも行きたかったし、

観光快速バス「ゆふりん」で由布院にも行きたかった!

 

もう一度大分の旅もアリだなあ。楽しかった!

大分・別府の旅、終了!

 

別府へは、大分空港の利用が便利です♪

【交通+ホテル】楽天トラベル ANA楽パック・JAL楽パック
 

【JTB国内旅行】魅力的なプランと豊富な在庫をご用意!

 

通常の半分、6,000マイルで旅行に行ける【どこかにマイル】!

飛ぶたび、買うたび、マイルがたまる。JALカード!

こちらの記事も読まれています