公設市場は移転します

この記事は、かつての牧志公設市場の情報を記載しています。

牧志公設市場は建て替えのための移転が計画されており、

  • 2019年6月16日まで:現在場所にて営業
  • 2019年6月17日~30日:閉場
  • 2019年7月1日:仮設市場開業
  • 2022年3月31日:仮設営業が終了し、現位置に戻る予定です。

牧志公設市場の2階に行ってみよう

地元の方々の利用はもちろんのこと、沖縄・那覇の観光地としても有名な「牧志公設市場」。

正式名称は「那覇市第一牧志公設市場」といい、国際通りに隣接する市場通りにあります。

 

現在の第一牧志公設市場は、沖縄が本土復帰した1972年に建設されました。

1階は100店舗以上の小売業者が精肉、鮮魚、生鮮食品等を販売しており、実は2階は食堂です。

 

旅行のガイドブックなどでも定番の観光スポットですが、2階がどんなエリアなのか、見たことがないんですよね。

気になったので、行ってみました。

 

牧志公設市場は商店街の奥にあります

国際通りから市場本通りへ入ります。

沖縄那覇 牧志公設市場 市場通り商店街入り口

 

市場本通りの商店街も賑やかです。

沖縄那覇 牧志公設市場 市場通り商店街

 

少し歩くと、牧志公設市場の入口を発見!

中を覗いてみましょう。

沖縄那覇 牧志公設市場入り口

 

市場の入口から。

お店がひしめき合っています。

沖縄那覇 牧志公設市場1階

 

エスカレーターで2階に上がります

ここまでは旅行のガイドブックにもよく掲載されている写真です。

 

市場の奥に入っていくと、なんとエスカレーターが。

ここから2階に上がるんですね。

沖縄那覇 牧志公設市場のエスカレーター

 

2階に上がると、そこは全面が食堂エリアでした。

かなり繁盛しています。

沖縄那覇 牧志公設市場2階

沖縄那覇 牧志公設市場2階の食堂

沖縄なのに道頓堀

 

旅行のガイドブックには、「1階で購入した食材を2階で調理」なんて書かれていますが、わざわざ食材を買わなくても、2階の食堂メニューで十分おいしいものを食べられる気がします。

 

あまり知られていないスポット、ぜひ寄ってみてください!

那覇のホテルを探すならこちら
メインカテゴリー
こちらの記事も読まれています