「うしおととら」「からくりサーカス」「月光条例」「双亡亭壊すべし」を連載してきた(いる)漫画家、藤田和日郎が書いた本。

 

『読者ハ読ムナ(笑)』。(笑)までが書籍名です。

 

読者ハ読ムナ(笑) ~いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか~

 

大ヒット漫画家を多数輩出している氏の新人育成術

例えば、

「烈火の炎」安西信行、

「美鳥の日々」井上和郎、

「金色のガッシュ!!」雷句誠、

「常住先陣!ムシブギョー」福田宏。

 

学生のころから少年サンデーを読んでいたので、この作品は全部知ってますし、この人たち全員、藤田和日郎の弟子だったのか!と驚きました。

烈火の炎なんて良いですよねえ!全巻いまだに持ってますもん。裏武闘殺陣編が終わってからの天堂地獄編なんて、盛り上がりがとどまるところを知りませんもんね!完結目前の柳が炎になった最終コマで何回泣いたことか…!

 

新人を漫画家としてデビューさせるまでの教育論

これだけの漫画家が育っている仕事場には、何か秘密があるのではないか?と、初代担当編集者の武者正昭氏が企画した書籍です。

この本は漫画でもなく、小説でもありません。

漫画賞を取った一人の新人が、藤田和日郎のアシスタントとして仕事場に入った体で話は進み、発言しているのは藤田和日郎と武者正昭。

 

コンテンツとしては、

  • コミュニケーションをちゃんととれるやつが漫画家になる
  • ほかのひとの見かたをしることは、おもしろさをつくる引き出しになる
  • 「漫画」は「イラスト」じゃない!
  • 「絵の練習」に逃げるな。ネームを描け。
  • ムリそうに見えてもチャンスにはのるべき
  • 耳当たりのいい言葉はコワイんだよ

など。

 

定規は使わず、フリーハンド!という、線へのこだわり

確かに、藤田和日郎の漫画は絵は美麗ではないのだけれど、熱量がすごい。

むしろ見にくいんだけど、キャラクターと物語で、ぐっと引き込まれてるんだよなぁ…

 

この本の中で語られてる藤田氏の言葉に、「漫画の話をしているときに、言葉を選んでいる暇はない」っていうくらい、一番奥にある、伝えたいことが届いている感じ。

 

この本は新人漫画家向けに書かれているとはいえ、漫画家と言えども一人でやってるわけではなく、編集者とアシスタントとのチーム作業である、との考え方から語られる教育法は、僕たちのような他業種における人間関係や新人教育にも使えそう。

 

特に、

「君の作品について言っているのであって、君自身について言っているわけではない」

これは仕事においても大事ですよね。

君が作った書類の内容に文句を言っているのであって、君自身がどうだとかは言っていない。

混同しないようにしないと。

 

本書の中から藤田氏が伝えたいことを一言抜き出すと、

「絵に情念を宿せ」

これに尽きるんだろうな。

 

熱い漫画論の本でした。

 

こちらの記事も読まれています