鹿児島名物のかき氷、「白熊」。

鹿児島を訪れたら、ぜひ食べたいご当地グルメです。

 

白熊の超有名店「天文館むじゃき」がどこにあるか、紹介します。

白熊、白くま、しろくまなど多くの表記がありますが、この記事では天文館むじゃきが採用している「白熊」と書きます。

 

鹿児島名物のかき氷白くま 天文館むじゃき入り口

白熊の本家「天文館むじゃき」

さっぱりミルクにフルーツどっさり!天文館むじゃきのかき氷「白熊」

鹿児島名物 天文館むじゃきのかき氷「白くま」

 

「白熊」とは、練乳をかけて、フルーツや豆類を盛り付けたかき氷。

上から見ると、ポカンとしている熊の顔に見えてかわいいです。

 

白熊の発祥である「天文館むじゃき」から、鹿児島を中心に、南九州の夏の風物詩として全国で有名になっています。

 

天文館「むじゃき」ってどこにあるの?

鹿児島名物 むじゃきのかき氷「白くま」がある天文館

 

「天文館むじゃき」があるのは、鹿児島最大の繁華街、天文館G3通り

鹿児島中央駅から1.5km、20分程度歩いた位置にあります。

 

鹿児島中央駅前から市電(路面電車)に乗って4駅、「天文館通」停留所で降りるとラク。

 

大きい店舗ですので、天文館を歩いていて見逃すことはありません。

 

天文館むじゃき本店の基本情報

公式サイト

http://mujyaki.co.jp/

住所:鹿児島県鹿児島市千日町5-8
営業時間:11:00(日曜・祝祭日・7月8月は10:00)~22:00 不定休

 

ちなみにむじゃきさん、ビルまるごといろんな料理のむじゃきのお店をやってます。大阪にあった「くいだおれビル」を思い出します

鹿児島名物 天文館むじゃきビル

 

地下1階から地上5階まで、ビル全体が全部「むじゃき」。

つい並んでしまうのが、1階の白熊菓琲(しろくまカフェ)ですが、じつはどの店舗でも白熊をたべることができます

 

鹿児島の名物グルメ!むじゃきの白熊食べてみて

鹿児島名物 天文館むじゃきのかき氷「白くま」を横からみた写真

 

それぞれの白熊にはレギュラーとベビーの2サイズがあります。

レギュラーサイズでは大きすぎて1人では食べきれないので、小さいほうのベビーサイズを注文しました。それでもこの高さ。

 

旅行者がこぞって立ち寄る鹿児島の有名店。

むじゃきの絶品かき氷「白熊」をぜひ食べてみてください!

鹿児島のホテルを探すならこちら
メインカテゴリー
こちらの記事も読まれています