この記事は、祖母が亡くなった日を振り返って書いたものです。

お時間のある時にお読みください。

(急いで相談先をお探しの方は、こちらが参考になるかも)

葬儀レビ



 

祖母が亡くなった。

 

数日前から「覚悟しておいて」との連絡は受けていたので、(続いている寂しさは別にして)喪主の家族として葬儀を迎えるにあたり、ある程度は冷静に動けたと思う。

 

高血圧で倒れてから、20年の入院生活。

亡くなった病院では、15年もお世話になった。

職員の方々には感謝しかない。

 

闘病…というか、病気ではないな、当初は脳の血管の影響による痴呆から始まり、近年は意識はあるけど認識はなく、ただ起きて寝てるような感じなのがずーっと続いていた。

大往生と言えるのかな?89歳だった。

点滴もしていないし、胃ろうの栄養だけで長生きだなあと感心していた。

 

 

葬儀費用について

家族を含め、10人程度で82万円

20年も病院に入っていたので、現在の親しい知人や友人はいない。

少人数での家族葬(親族葬?)で、送ることに決めていた。

 

ご近所さんには亡くなった旨と、家族葬であることをお伝えし、実際の出席者は少人数に絞った。

僕たち家族(息子の発熱が治まっていなかったので、妻と息子2人は家にいてもらった)と近い親戚で、10人程度。

 

通夜:家族4人+祖母の兄弟関係4人+親族3人(+ご近所さん4人)

葬式:家族4人+祖母の兄弟関係4人+親族2人(+ご近所さん4人)

 

延べ21人。

それで、総費用はだいたい100万円くらいになりそうな感じ。

明日の土曜日に、実家に戻って、届いたらしい請求書をチェックする。

 

※後日追記。

確定請求額は82万円。

見積もりには参列者が30人予定(結果は10数人)にしていたり、通夜の夜の宿泊が5人分(実際は1人)であったりと、余裕をもって積んでいた分、精算したら下がったようだ。

葬儀費用が「高い」の価値観

病院から葬儀場へ移動した当日、打ち合わせの席で見積もりを提示されたときの感想は、正直なところ「高っ!」だった。

 

で。

全部が終わった今。

高いかと聞かれれば、もちろん高い。

ただ、内容に比べて高いか、と聞かれれば、いいえ。となる。

 

祭壇も、お花も、付随するサービスも、スタッフの方々の対応も、すごく高いクオリティで進めてくれた。

少人数で全員親族。

本当に祖母のことを共通の話題とし、生前を偲んで過ごすことができたと思うし、満足している。

 

その金額がもったいないかと聞かれれば、分からない。

遺影について

困ったこと。

倒れてから20年近くもずっと入院していたので、遺影に使う写真が無い。

晩年は(といっても15年以上だけれど)ずっとベッドに寝ていて、髪も短く切っていた。

やはり遺影にするには、ふさふさの髪で笑顔の写真がいい。

夜中に家中を探し回った。

 

昔の写真を5枚くらいを候補として選び、葬儀社に提出。

亡くなった病院に移る前の施設での写真(17年くらい前かな)で良い笑顔があったようで、それを遺影に採用してもらった。

 

最近の遺影ってすごい。

施設に入っているときの写真なので、祖母が着ているのは、シンプルなピンク一色の入院着…のはずだった。

ところが、遺影で笑っている祖母が着ているのは、落ち着いた柄物の洋服。

なんと、編集で服の柄を変えてくれている!

 

さらに、(祭壇にある遺影ではなく、)家に帰ってくるほうの遺影の「額(がく)」。

ついつい遺影は、こんな

 

遺影額

 

黒縁の額をイメージしていたが、最近では洋画でも飾れるような、明るいパールのグレー、ブルー、クリーム(しかもリボン付き)も、選べるようだ。

 

遺影パール額

参考イメージ。こんなの

画像は広島・竹原葬祭のサイトより借用

 

新しい洋服を着て(?)笑っている祖母は、この20年間、ベッドの上から見ていた祖母の顔ではなく、小さいころの僕が、見上げていた祖母だった。

祖母の表情から感情が消えて長く、記憶からも離れていたのに、見た途端、「あ、おばあちゃんだ」って思った。

 

僕たちが選んだのはクリーム色。

参列者は祖母が見知った親族だし、華やかにいこう。

(僕は面識はなかったけど、90歳近くになっても、兄弟は同じような顔してるんだなあ、と思うくらいにそっくりだった)。

 

病院のベッドで寝ているときと同じ顔で、そこに寝ている祖母。

そして、17年前の笑顔で笑っている写真。

しんみりするよりは、一緒にワイワイと過ごすような、明るい写真になって良かった。

他人から見た葬儀について

ところで、霊柩車は神社みたいな屋根の車(宮型というらしい)ではなく、普通の外観だった(洋型というらしい)。

縁起が悪いとか、見たくないとか思う人も多いのだろうけれど、死者になったから縁起が悪い、というのはかわいそうではないかな。

あの祖母だったら、霊柩車に手を振ってくれたら、笑いながら振りかえすくらいだと思うのだが。

またね。

そんなことから、忌み嫌うのではなく、いつか来る未来として、準備するのも良いと思った。

例えば、遺影の写真も生前に撮影するのはありだなあ、と。

 

もちろん、大きな喪失感は止められないけれど、僕たち遺族は、そんな感じで、ちゃんと見送れたと思う。

 

おばーちゃん、向こうでおじーちゃんと会えてるかなあ。

 

後日談。

お金だけが大事じゃないけど、その時が来ても焦らないために、知っておくのは大事。

家族それぞれ希望を出して、金額だけ聞いてみた。

各々が、納得できる形を持つことができたと思う。

小さなお葬式 新バナー

 

さて、心配されないように、残されたことも丁寧にもやらなきゃね。

 

こちらの記事も読まれています