外出中に、ちょっと荷物を置きたいときや、外でお弁当を広げてご飯を食べたいときに、ベンチはあるけど、朝つゆや雨上がりで濡れていたり、地面も草が茂っていたり…と、座る場所や荷物を置く場所に困る時がありますよね。

 

レジャーシートがあれば解決するんですが、今日はピクニックに行こう!と最初から決めてのお出かけならば、家から持っていけるんですけど、一般的なレジャーシートは、たたんでも結構な大きさになってしまいます。

手荷物として持ち運ぶのは重いし、「念のため」で持っていくのには、他の荷物の邪魔にもなってしまうし、現実的ではありません。

 

そんなときに便利な、薄くて強くて軽くて濡れない念のために持っていても全然負担にならないレジャーシートをご紹介。

 

タフケット公式サイト

 

超軽量で超薄型、折り畳みレジャーシート「タフケット」

それがこれ。

「タフケット」という名前のレジャーシートです。

 

タフケットの特徴は超軽量で超薄型ということ。

薄くて強くて軽くて濡れないので、どこにでも持ち運ぶことができ(というか、カバンに入れても小さくて邪魔にならないので、いつも勝手に入っている状態)、どこででも使うことができます。

 

 

4人用のタフケットと、2人用のタフケットmini

タフケットのバージョンは2つ。

4人掛け用のタフケットと、2人掛け用のタフケットminiです。

 

それぞれの大きさはこんな感じ。

 

タフケット(4人掛け)

手のひらに収まる大きさですが…

 

広げると、どーん!拡大率はなんと14倍

面積比に至っては11cm×7.5cm→160cm×110cmと、213倍です。

 

写真左下にちょこっと写っているのが、上の写真で写っていたパッケージと収納袋。ここまで大きくなります。

ちなみに収納袋はタフケット本体に一体化しているので、無くすことはありません。

 

隅には風で飛ばないように、コイン状の重りが入っています。

細かいところに気を回してくれていますね。

 

タフケットmini(2人掛け)

いっぽう、こちらは一層小さい、2人掛けのタフケットmini。

指先サイズです。

 

広げると、どん!

こちらも拡大率は14倍。面積比も200倍を超えて、一気に大きくなります。

 

薄く、強く、軽く、濡れない生地

生地のアップ。薄くてしっかりしています。

けっこう以前から使っているんですけど、ほつれたり破れたりは全然ありません。この薄さでも耐久性はかなり高いです。

 

たたむときは、赤い糸で示された折り目ガイドのとおりに折っていくだけ。

収納ポーチにもラクラク入るので、無理やり押し込んだりする必要はありません。

 

なお撥水加工が施されている生地なので、濡れた座面でも、安心して座ることができます。

 

たためば指でつまめるサイズ!薄くて軽いレジャーシートが超便利!まとめ

「念のため」で持っていても全然邪魔にならないので、例えば公園でおやつを食べるときや、一時的に荷物を置くときなどにも大活躍です!

先日の記事で紹介した、ポケッタブルのベビーキャリアとの相性も抜群ですよ。

 

こちらの記事も読まれています