トイレブラシの水のしたたり、気になりませんか?

 

ほとんどのトイレブラシは先端がスポンジです。

トイレを掃除した後には水を完全に切ることはできず、軽く振ってみたり、ちょっと浮かせて待ってみたり、便器の内側でクイッと押してみたりするのですが、残念ながら、しっかり絞ることはできません。

 

トイレブラシ自体の汚れ具合も確認できないし、ちょっと不潔っぽいんですよねえ…

そんなときに僕の実家で使ってたこのアイテムを見て、目からうろこでした!

 

こびりつき汚れもゴッソリ!水だれなしでトイレ掃除も楽々

  • スポンジじゃないので堅くてしっかり磨きやすい!
  • 水を含まないので清潔!
  • そしてオシャレ!

三拍子が揃ったこのクリーナー、自宅だけでなく、オフィスのトイレにもおすすめです。

 

ゴム製ブラシで清潔です

このトイレブラシ、材質は弾力のある柔らかめのエラストマー。

要は弾力のあるゴム製です。

 

スポンジと違って水を含まないので、掃除したあともしたたることがなく、すぐに乾燥するので清潔なんですよ。

 

ゴムなので長持ち

我が家のゴム製トイレクリーナーは数年前から使っています。

まだまだへたりもせず、劣化も見えていないので、耐久性はかなりのもの

 

ホームセンターで売っているようなスポンジタイプのトイレブラシは、1年もすればスポンジがぼろぼろになりますし、色もくすんで交換したくなりますもんね。

トイレクリーナー

1:排水口前の屈曲部の底と横壁は先の細い先端部分を使用。
2:後ろ側上部の広がった部分は、屈曲部の天井の洗浄に便利。
3:エラストマー樹脂についた波状の凹凸が汚れをしっかり落とします。

ライトアップショッピングクラブより

 

トイレブラシなのにオシャレ

何よりも、この形にこのデザイン。

トイレブラシなのに、すごくおしゃれです。

トイレクリーナー2

 

斜めにカットされたスタンドが、取り出しやすく、使った後もしまいやすい形になっています。

ふたがないので引っかかることもなく、片手でラクラク!

 

トイレに置いておいても、奥に隠すようなことはありません。

単なる掃除道具の域を超えて、インテリアとして考えられたデザインです。

 

なにより磨きやすい

トイレクリーナー3

ゆるやかに曲がった長めの柄なので、便器の中に近づかなくても様々な部分に対応可能です。

なによりありがたいのが、屈まなくていいので、腰や腕に負担がかからず疲れません。

 

また、葉っぱのような楕円型の独自の形状は、便器の中の深い場所や浅い場所、湾曲した場所など、これまで届きにくかった部分にも楽々入りこみ、汚れをしっかりかきだしてくれます。

さらに表面に凸凹がついているので、こびりついた汚れも、ゴシゴシと力を入れなくても、しっかりと落としてくれます。

 

まとめ

このクリーナー1本で、便器内の様々な場所に対応して洗浄できます。

機能もデザインもおすすめのこのアイテム、トイレ掃除がガラッと変わりますよ!

こちらの記事も読まれています