宮城県の気仙沼に用事があり、行ってきました。

 

大阪からは、伊丹空港から仙台空港までフライトののち、仙台空港アクセス線で仙台駅へ。

気仙沼へは、一ノ関駅で気仙沼線に乗り換えです。

 

仙台から一ノ関駅までは、新幹線はやぶさで1駅21分。(やまびこなどで4駅34分もあります)

大阪在住の僕にすれば、東北新幹線に乗るのは珍しいこと。

 

思い切って、グリーン車を超える特別車両のグランクラスに乗ってみました!

 

新幹線グランクラス乗車レポート アイキャッチ

 

グランクラスに乗ってみたレポート

グランクラス|18人だけに用意された、特別な車両

“特別な貴方”のためのプライベートキャビン
“特別なお客さまのため”だけに作られた、プライベート空間。
すべては“18人のお客さま”のために。
「極上のプライベート空間」で“特別な貴方”をお迎えします。

グランクラスが用意されているのは先頭車両

先頭車両のドアを入ると、アテンダントさんが出迎えてくれます。

 

車両に入ると、オレンジ系暖色の落ち着いた照明。

椅子は独立しており、左2席、右1席。

 

縦も横もゆったりとした、特別な座席でした。

新幹線グランクラスの車内

立ち上がって車内全部を撮れる雰囲気ではありませんでした…

 

グランクラスのサービス

新幹線グランクラスの案内パンフレット

ドリンク

シートに座ると、まずはドリンクの注文。

コールドドリンク、ホットドリンクのほか、アルコールも選べます。

食事

続けて、季節ごと、路線ごとに変わるメニューの軽食をいただけます。

すごく上品な味のお弁当でした。

新幹線グランクラス 軽食メニューの品書き

お菓子

さらにおつまみと菓子まで!

新幹線グランクラスのおかきとケーキ

テーブルの上は、こんなに豪華になります。

新幹線グランクラス サービスが乗ったテーブル

 

グランクラスに乗ってみた感想

座席が豪華

ふかふかのシートに包まれて、くつろぎの時間を過ごしましょう。

 

なお、窓から離れて座席が独立しているので、窓に近づいて景色を楽しむには向いていません。

「新幹線の車内で快適な時間を過ごす」という、のんびりとすることが贅沢です。

 

案外、子どもも多い

仙台駅で時間待ちをしていたときに見たほかの新幹線も、僕が乗ったグランクラスも、意外に家族連れが利用していました。

子どもも多くいましたので、「特別だから!」と、あまり身構えなくても良いようですね。

 

グランクラスの料金(差額)

仙台から一ノ関までは、普通車指定席(はやぶさ)で3,920円。

 

対して、グランクラスは9,770円と、差額は5,850円です。

片道代金の1.5倍…!

 

なお、東京から新函館北斗まで、全線をグランクラスに乗るとすると、普通車指定席とグランクラスの差額は15,790円です。

 

グランクラスは20分だけでも感動できる。でも、長く乗ってみたい

仙台から一ノ関まで、20分だけの特別な旅でした。

短い時間でしたが、サービスはしっかりと経験しました。

 

すごく心地いいシート、リラックスできる車内で、降りたくなかったです。そういうわけにもいかない

長く乗ったほうが、特別感も長く続きますし、いつかは全線を乗ってみたいなあ。

 

メインカテゴリー
こちらの記事も読まれています