『湯布院からジャズに合う「洋羹」をお届けいたします。』誤字ではないですよ

 

この言葉から紡がれるお菓子。

それが、湯布院CREEKS.の「ジャズ羊羹」です。

 

ただの羊羹ではありません。フォークで切ると、中に入っているのはワインに一昼夜漬け込んだ2種類のドライいちじく。

コーヒーだけでなく、ワインにも合うように作りました。昼でも夜でも、楽しいおしゃべりのお供にどうぞ。

 

ジャズ羊羹

以下、画像はジャズ羊羹ホームページより

 

食べるのがもったいないデザイン

羊羹の上面には「刷り込み」と呼ばれる伝統技法を使って、ピアノの鍵盤が写されています。

ジャズ羊羹刷り込み

 

ところで、ご自宅で召し上がっていただく際は、なるべく白い、平らなお皿のほうが、ジャズ羊羹のデザインが引き立ちます。

我が家には白いお皿がなかったもので、庶民っぽさが満開で、台無しにしてしまった気がします…

ジャズ羊羹

乗せるお皿は選んだほうが良いですね…

 

甘さは控えめの大人の味

ぱくっと口に入れた瞬間、ふわっと鼻を抜ける黒糖の風味とさっぱりした甘さが広がります。いちじくのプチプチした食感を味わったら、熱いコーヒーを一口。。。絶品です。

 

ひと口食べてみると、味はこの文章のとおり。

甘さ控えめで、口当たりはあっさりしています。

でもしっかりと羊羹なので、カフェオレなどよりは、苦いコーヒーや紅茶が良く合います

 

「洋服を着た和菓子」の表現がぴったりなんですよ。

羊羹だとは分かっているんですが、おしゃれで綺麗でかわいくて、洋菓子、和菓子のジャンルに分けられません。

 

贈り物に最適

ジャズ羊羹個包装

 

ウチは(実家の母から、食べてみろと)いただいた側だったのですが、パッケージから素敵ですよねこれ!

妻と二人で、「うわぁ♪」と思わず声を出してしまいました。

常温で配送され、賞味期限は2週間。

贈り物にも最適な品です。

 

「こんなの初めて見た!」と驚いてもらえること間違いなし。

受け取ったとき、開いたとき、食べたとき。

3度も喜んでもらえるお菓子ですよ。

 

こちらの記事も読まれています