憧れの一人暮らし!

「こんなお部屋に住んでみたいな」と理想のインテリアを考えると、とてもワクワクしますよね。

 

しかし、ベッドやテーブル、ソファなど複数の家具をワンルームに置くと、どうしても生活スペースがとても狭くなってしまう悩みもあります。

すでに一人暮らし中の方も、もっと広くお部屋を使えたらいいな、と悩みは尽きませんね。

 

この記事では、

ソファって絶対に必要?
ソファがない場合、どうやって休んだらいい?

と迷っている方へ、

  • 一人暮らしのソファなし生活のメリット
  • 直座りの悩み
  • ソファの代わりになるオススメのアイテム

をご紹介します。

 

▼おすすめクッション「床プニ」

 

一人暮らしに「ソファなし」がいい理由

寝ること、食べること、勉強や仕事も、すべてひとつの部屋で行う一人暮らし。

じょうずに気分を切り替えられる快適な空間にしたいですよね。

 

ゆったりくつろげるソファを置きたくても、一人暮らしのワンルームでは、どうしてもスペースが狭くなり、身動きがとりにくくなります。

ほとんどゆとりのないお部屋では、リラックスすることは難しい…

 

思いきってソファをやめてみることで、一人暮らしにぴったりなメリットがあるんです。

部屋が広くなる

一人暮らし向けソファのサイズは、2人掛け用だと幅160cmくらい。

高さも奥行きもあるため、思いのほか広いスペースが必要です。

お部屋がとても窮屈に感じてしまい、ソファを買ったことを後悔することになるかもしれません。

 

ソファなしにしてみると、部屋が広々!

友達やパートナーと一緒に食事をしたりゲームするときも、スペースが広く使えるので、ゆとりのある空間になりますよ。

 

模様替えがしやすくなる

ベッドやテーブル、ソファや本棚などたくさんの家具があると、家具がメインのお部屋になり、動くスペースがなくなってしまいます。

 

ベッドとテーブルなど最低限の家具のみに絞ると、お部屋が広々と感じられて、暮らしにも心にも余白がうまれます。

模様替えの家具の移動もラクになるので、より柔軟なお部屋づくりが可能!

お家で落ち着いてゆっくり過ごしやすくなりますよ。

 

 掃除がラクになる

ソファで過ごす時間が長くなると、食べこぼしやホコリがソファの隙間にどんどん溜まりがち。

ソファの下は手が届きにくく、移動してお掃除することも、とても面倒です。

 

さらに脱いだ洋服を置くための「ちょい掛けスペース」になりがちで、お部屋がいつもゴチャゴチャしている原因にもなってしまいます。

 

ソファなしだと、掃除機やフローリングワイパーで床をさっとひと拭きすれば掃除が完了。

いつでも清潔なお部屋を保ちやすくなります。モノのちょい掛けもなくなれば、洋服のお片付けもスムーズにできますね。

 

ソファの代わりになるアイテム

一人暮らしでソファを置かないことで、ひとりで落ち着きたいときも、友達を呼んで楽しみたいときも、広い空間を上手に有効活用ができます。

部屋も広くお掃除ができるので、とてもキレイ!

 

ところが、ソファなしの生活だと、食事や仕事、勉強するときに、長い時間、床に直接座ることになります。

床が硬くて何度も座りなおしたり、テーブルとの距離が合わなかったり、座る体勢によってさまざまな悩みも出てきます。

 

床座りの悩みを解決するには、ソファの代わりになるクッションや椅子を使用してみましょう。

ソファベッド

寝るときはベッド、来客時には折りたたんでソファとして使えるソファベッド。

一つ二役になるアイテムであり、ソファ下のスペースを収納として活用も可能です。

 

しかしソファとベッドの切り替えが思った以上に面倒で、結局ベッドとしてしか使わなくなってしまうパターンもあります。

ビーズクッション

やわらかくて、包まれるような座り心地が気持ちのいいビーズクッション。

お部屋の中をどこでも移動しやすく、使い勝手のよさがとても人気です。

 

体にフィットする分、汗や皮脂汚れが付きやすく、ホコリの付着も気になります。

通気性が悪いものは、夏場は蒸れてしまうこともあります。

座椅子

座布団ほどの省スペースでつかえる座椅子。

背もたれが高いものやリクライニングできるものなど、使うシーンに合わせて角度を変えて使用できます。

和室、洋室のどちらにも馴染みやすいところもいいですね。

 

長時間座り続けるとお尻が痛くなってしまうこともあるので、やわらかすぎず、適度な弾力があるものを選びましょう。

一人暮らしにオススメ!かわいい床座り用クッション「床プニ」

ソファの代わりになるアイテムはいろいろとありますが、お部屋の雰囲気によっても、どれを選んだらよいか迷ってしまいますよね。

どんなお部屋にもぴったりの、シンプルでコンパクトな床座り用クッション「床プニ」がとてもオススメ。

 

 

「エクスジェル」の特徴は、おもちのような弾力のあるジェルでおしりをやわらかく受け止めてくれること。

座りながら姿勢を変えても、柔軟性の高いやわらかいジェルが動いて、腰にかかる負担を上手に軽減してくれるのです。

 

エクスジェルの座椅子「床プニ」は、デザイン性がとても高いところもポイント。

2017年グッドデザイン賞を受賞した実績があり、どんなお部屋にも明るい彩りを添える、5色のカラーバリエーションの豊富さも魅力です。

 

床プニ

とてもコンパクトで、シンプルな円柱形クッションの「床プニ」

サイズは、幅34、奥行34、厚み12.9(cm)。

 

座布団や座椅子と比べて地面に付いている感覚がまったくなく、しっかりとお尻を支えてくれる厚みがあります。

あぐらをかいても、横座りをしても脚の収まりがよく、膝の痛みも防ぎます。

エクスジェル シーティングラボ店舗のクッションたち

 

シンプルな円柱形なので、座椅子のようにひとつの方向からでなく、どの位置からもすんなり座ることが可能です。

方向転換も立ち上がるときも、とてもラクにできますよ。

 

エクスジェルシーティングラボ「床プニ」

ミニ座椅子 床プニフィット

床プニに、腰をサポートするちいさな背もたれがついたミニ座椅子「床プニフィット」

サイズは、幅41.5、奥行39、厚み25.5、腰当ての高さ12.9(cm)。

 

この小さな背もたれがあるだけで、すっごく座りやすい!

絶妙に腰とお尻にフィットして、座りごこちがさらにアップ!

 

前かがみになりやすい姿勢を真っすぐに保ち、骨盤も安定して支えられます。

あぐらをかいたり、体育すわりをしても、背もたれに腰を預けられるので、ラクな態勢を長く保つことが可能です。

 

途中で座り方が変わっても、座面のジェルがゆるやかに動いて、おしりの圧力をほどよく分散してくれます。

床座りの悩みである、フローリングの硬さや冬場のおしりの冷たさも軽減できるので、一年中いつでも手放せないアイテムになりますよ。

 

エクスジェルシーティングラボ「床プニフィット」

ソファなし一人暮らし、じぶんに合ったアイテムを見つけよう

憧れの一人暮らしのお部屋とは、オシャレなインテリアに囲まれていることなのか。

ゆったりと落ち着いたじぶんの空間があることなのか。家具を買う前に、ゆっくりと考えてみましょう。

理想の見た目よりも、理想の過ごし方を思い浮かべることで、じぶんに合ったお部屋づくりの目標がきっと見つかります。

 

ソファなしの直座りの悩みを解決するためには、体格やライフスタイルに合ったクッションや座椅子をじっくり検討してみてください。

エクスジェルの直営店舗では、クッションに座って実際の大きさやカラーバリエーションを確認しながら、専門のスタッフと気軽にご相談できます。

 

公式オンラインストアでは、クッションを自宅で1週間お試しできるサービスも実施しています。

お近くに店舗がない場合や、実際にお部屋に置いて考えたい方にオススメです。

 

一人暮らしにぴったりのアイテムを見つけられるよう、ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

メインカテゴリー
あなたにおススメ