子どもがついに、小学校入学を迎えます。

 

一番はじめに考えなければいけなかったのが、ランドセルでした。

プライベートブランドや有名ブランドなど、ランドセルを扱っているブランドは多くあります。

 

どこが一番イイのかは分かりませんが、息子に選んだのは、池田屋のランドセル。

大満足しています!

 

  • 軽い
  • 強い
  • 使いやすい
  • 安い

 

この記事は、ランドセルはどこが良いの?とラン活で悩んでいる方には、池田屋をおすすめしますよ!というお話。

 

→魅力の詳しい説明は池田屋ランドセルサイトへ

 

池田屋ランドセル 外観

 

先輩方のおすすめ口コミで池田屋ランドセルを知りました

こどもが小学校に入学するに当たり、ランドセルを選ぶ時期になりました。

小学校6年間、ずっと使うだいじなもの。失敗したくありません。

 

どこで買おうかな?と思い、職場の周りの先輩方に聞いてみると、

プライベートブランド

  • ニトリ
  • イオン

有名ブランド

  • カルちゃん
  • 天使の羽

専門ブランド

  • 池田屋
  • 土屋鞄

といったところが有名なようです。

 

あまり選択肢を多くしても迷うだけなので、この6つから選ぼう、と決めました。

 

価格を調べる|池田屋ランドセルは高くない!

まず一番気になるのが、正直なところ、お値段です。

 

…あれ?ニトリはともかく、イオンはそんなに安くない?

そして、池田屋というところが案外安い?

 

池田屋を調べてみたら、シンプルステッチは税抜き41,000円という安さ

僕たちが選んだのは、少し背伸びをしたカラーステッチで、それでも価格は48,000円。

いいでしょ?

 

池田屋ランドセル 外観

 

池田屋ランドセルに直接行ってみた

大阪には店舗があったので、直接、池田屋さんに行ってみました。

 

実は先輩方に聞くまで、池田屋の名前は知らなかったのですが、多くのお客さんがランドセルを探しに入っています。

人気なんですね。

池田屋ランドセル 大阪店舗

 

壁面にズラッとランドセルが並んでいます。

池田屋ランドセル 大阪店舗のサンプルウィンドウ

 

店頭には多くランドセルがありますが、現物を購入するわけではありません。

池田屋ではWeb注文が40%、店頭が30%、展示会が30%という内訳だそうで、店頭では注文だけ

 

製造されたのちに、手元に届きます。

9月に注文し、12月に受け取りました。

池田屋ランドセルの梱包箱

 

池田屋ランドセルの素材

池田屋のランドセルに使われている素材は4つ。

  • ベルバイオ
  • 防水牛皮
  • クラリーノ
  • 防水コードバン

 

店員さんの説明によると、機能はその他のモデルとなにも変わらず、価格は一番お手頃という理由で、「クラリーノ」が一番人気とのこと。

 

牛皮じゃなくて人口皮革?品質は落ちない?と心配するかもしれませんが、構造や仕様は全モデル共通

違いは表面の素材が牛革か、人工皮革かというだけなので、スペックの差は気にせずに、色やデザインの好みだけで選んで良いんですって!

 

→詳しくは「池田屋のこだわり」ページの解説をどうぞ

 

池田屋ランドセル 外観

うん、すごくいい色合い。

 

池田屋ランドセルの子どものための構造と機能

詳しい説明はサイトにあるので省きますが、子どものために考えられた構造と機能が盛りだくさんなんですよ。

細かいポイントも、紹介しきれないくらいに多いです。

→「池田屋のこだわり」ページの解説

 

  1. シンプル|必要な機能だけを追及して生まれた、無駄のないデザイン。水が染みこむのを防ぐため、刺繍はあえてナシ。洗練されたシンプルさが実力の証
  2. 耐久性|本体の内側を樹脂製の一枚板ですっぽり覆う一体構造。圧力を受けてもつぶれない抜群の強度を誇ります。さらにザーザー降りの雨の日も、雨カバーいらずの防水力
  3. 背負いやすさ|肩にやさしい牛革ベルト。人工皮革のモデルにも牛革ベルトが使用される、良いところをミックスしたハイブリッド構造
  4. 収納力|大マチ+広がる小マチで、業界最大クラスの大容量。全モデルA4フラットファイル対応。

 

また、「子ども思い保証」として、

  • 預かり修理の場合は無料貸出用ランドセルあり
  • わざと壊しても、壊されても6年間完全無料修理
  • 保証書がなくても大丈夫
  • 往復送料無料
  • 修理不能の場合は無料交換

    というサービスが保証されています。安心!

     

    ランドセルが届きました!大満足!

    12月まで待ち、注文していたランドセルが届きました!

    注文時期と発送時期について補足

    僕は9月に注文しましたが、たとえ4月に注文しても、発送は12月あたりが目途とのこと。

    また、スタンダードなカラー・ステッチのランドセルなら、夏を過ぎても焦る必要はなく、ぎりぎりまで対応してくれるとのことでした。

     

    池田屋ランドセル 外観

     

    重さについては、たとえば牛皮ランドセルが1300gのところ、クラリーノモデルは1100g。

    確かに軽く、持ち上げやすいです。

     

    すごくしっかりしていて、押さえても崩れることはありません。

    池田屋ランドセル 内側

     

    マットな質感も高級!

    人工皮革ってどうなのかな?と心配な方も安心してください。

    牛皮との比較はできませんが、すごくしっかりしています。

    池田屋ランドセル 外観

     

    人口皮革をあえて使うことにより、軽さと頑丈さを両方実現させているのがウリ。

    構造や仕様は全モデル共通。違いは表面の素材が牛革か、人工皮革かというだけなので、スペックの差は気にせず色やデザインの好みだけでお選びいただけます。

    最も負荷の掛かる肩ベルトの表は丈夫な牛革で補強。防水が必要なカブセの裏側や背あて、肩ベルトの裏は、軽量で防水性に優れた人工皮革を全モデルに使用しています。

     

    ランドセルはどこがいい?と聞かれたら、池田屋と答えます

    僕が購入したランドセルは、これだけしっかりした作りで、金額は5万円以下。

     

    ですが、安いから池田屋がいい、ということではありません。

    安いのにこんなに高品質なら、牛皮やコードバンなど、どんな商品でも安心して購入できるということをお伝えしたいんです。

    子どものためとはいえ、大きい買い物ですからね。

     

    良いランドセルを選ぶことができました。活躍してもらいましょう!

    背負った息子もすごくニコニコ。自慢げです。

    池田屋ランドセルを背負った小学生

     

    軽くて、強くて、使いやすい!

    ほかとの比較はできませんが、池田屋に決めて良かったです!

    →池田屋ランドセル(サイト)

     

    メインカテゴリー
    こちらの記事も読まれています