赤ちゃんイメージ

 

妊娠中にしたほうがいいこと。

 

「トイレ掃除をするとかわいい赤ちゃんが産まれるよ」

「お風呂掃除をすると元気な赤ちゃんが産まれるよ」

「雑巾がけをすると安産になるよ」

まことしやかに、特に年配の方からよく言われるアドバイスです。

 

トイレ掃除をすると安産になる!?

本当なの?

昔の話で、お姑さんがお嫁さんを体よく使うための方便じゃないの?

年上の人が言われたから信じてる迷信じゃないの?

根拠はあるの?

 

妻が妊娠中、助産師さんに教えてもらいました。

 

助産師さんの回答

 

「はい、本当です。」

 

ええー。まさかの即答。

 

根拠はあるの?

ただし、「トイレ掃除をすること」「雑巾がけをすること」それ自体が安産につながるわけではありません。

トイレ掃除は立ったりしゃがんだりのほどよい全身運動になり、股関節のストレッチにもなる…というのは確かに根拠の一つなのですが、大事なのは、「四つんばい」という体勢なのです!

 

聞くところによると、出産時にお腹の赤ちゃんが骨盤を通るときに赤ちゃんの向きは一定で、お母さんの身体に対して横向きなのだそうです。出産時はくるくるとその位置まで回転し、骨盤を通るのですが、赤ちゃんがお腹の中にいるときは、お母さんの背中側を向いているのが望ましいのです。

そして、ママが四つん這いの体勢を取ることにより、お腹の中で赤ちゃん自身の頭とお尻の重みで回転し、ママの背中側を向きやすくなるんです。とのこと。

 

つまり、陣痛が始まった時、骨盤を通る向きから赤ちゃんが反対を向いていれば、通れる向きになるまで、赤ちゃんがお腹の中で回転するのを待たなくてはいけません。

それに対し、意識して普段から四つん這いの体勢を取ることにより、陣痛が始まる前にその向きに赤ちゃんが向いていれば、陣痛が始まれば、あとは出るだけの状態に近くなっているので、待たなくていい→時間が短くなる→安産!となるのだそうです。

なるほどー。

 

助産師さんからの(笑える)アドバイス

「トイレ掃除やお風呂掃除は、昔は雑巾でやってましたよね。今は柄の付いたブラシで立ちながら掃除することも多いと思いますので、その状態では赤ちゃんも回転しにくくなります。」

 

「家の中は、ハイハイで移動してください」ですと。

 

迷信や言い伝えにも、科学的な根拠が隠れているときがあるんですね。

おかげで(?)元気に産まれてきてくれたと思っています。

こちらの記事も読まれています