nescafestandネスカフェスタンドホームページより

 

ネスカフェと阪急がコラボレーションしたカフェ、「ネスカフェスタンド」をご存知でしょうか。

 

僕は大阪在住で、私鉄の阪急電鉄沿線に住んでいるんですけど、

駅のホームにあるコンビニ。

皆さんどれだけ利用されていますか?

 

買うとすれば、ほとんどがドリンクではないでしょうか。

あとはせめて、のどあめとか雑誌とか。

新幹線ならともかく、お菓子やパンはそれほど購入しませんよね。

 

…ということもあって、まずは最寄りの駅のホームにあるコンビニが閉店しました。

 

目次

駅のホームのコンビニが潰れた!

えー、結構使ってたのに…。とは、思いませんでした。

いざ無くなってみると、結構不便…。ということもありません。

 

あれ、案外困ってないぞ?

 

うん、そういえばここで何も買ったこと無かったし、ドリンクは自販機で買えるしね。

なんか店舗のスペースだけがぽっかり空いてるのがもの悲しいだけです。

 

ネスカフェ×阪急!「ネスカフェスタンド」が新規開店

阪急塚口、高槻市、逆瀬川、岡町、総持寺の5駅にオープン

そこに、「NESCAFE STAND」なる店舗がオープンするというポスターが。

ポスター

 

阪急の塚口駅、高槻市駅、逆瀬川駅、岡町駅、総持寺駅のホーム上に新規オープンするようです。

おお、なんか良さげじゃないの。と思い調べてみたところ、まだ他の鉄道では展開していないようですね。

 

駅コンビニに変わる新しい店舗の形!「ネスカフェスタンド」これは使える!

ネスカフェスタンドってこんな感じ

オープンした店舗はこちら。

dsc_0009

 

ドリンクメニューを注文すると、カウンターの中で、ドルチェグストで入れてくれます。

店舗の清潔感と接客の爽やかさも相まって、「店員さん」というよりは「ショップスタッフ」という表現の方が合う感じ。

 

砂糖やクリームはお好みで。

dsc_0020

 

ネスカフェスタンドのメニュー

ホットコーヒー(オリジナルブレンド、リッチブレンド)、アイスコーヒー、エスプレッソ、カフェオレ、宇治抹茶の6種類。

※高槻市駅は「ホットコーヒー」一種類だけでしたので、駅の規模によって少しだけ違うようです。

menu

 

ドリンク料金は全メニュー100円

全メニュー、なんと一律100円です。

分かりやすいし買いやすいですね!

 

キットカット付き

全てのメニューには、キットカットが付いてきます。ちょっと嬉しい。

 

dsc_0021

 

回数券、定期券もあります

これは珍しいのではないでしょうか。

「回数券」だけではなくて、「定期券」です。

 

回数券

回数券は6杯分で500円です。これはよくある枚数設定。

※初期のサービスです。いろいろと改定が続けられています

 

定期券

dsc_0031

 

定期券は980円、2か月で30杯まで

使い切る(飲みきる)と計算すると、1杯33円です。

1缶130円の缶コーヒーを飲むなら、ネスカフェの方が美味しいし、断然お得です。

 

ちなみに僕は新規オープンキャンペーン期間に定期券を購入したので、さらに半額でした。

490円で2か月30杯。なんと1杯16円!

初期のサービスです。いろいろと改定が続けられています

 

ネスカフェスタンドのシステムをネスレ側から考えてみる

ここまで、客として利用した視点で感想を書いたのですが、「これってすごい営業形態だよなあ」と感じたので、もう少し掘り下げてみようと思います。

 

 

大きいメリット少ないリスク

まず、ネスカフェスタンドのこの形態って、コンビニよりも出店側の負担が少ないよなあと思うんです。

 

メリットを挙げてみる

狭いスペースでも営業が可能

今回の阪急電車のホームでの営業は、もとあったコンビニのスペースをそのまま使っていますけど、ドルチェグスト1台につき、店員さんを1名配置すれば、もっと小規模の店舗でも営業できます。

カプセルもサイズが小さいから、在庫スペースは少なくて済みますし。

鉄道の駅に限らず、バスの待合室とか、病院とか、どこのスペースでも営業ができるんじゃないかな。

 

外部からの仕入れがほとんど不要

提供するメニューはドリンクだけ、しかもドルチェグストとカプセルを使った自社の製品なので、外部からの仕入れはほとんど不要。

あえて挙げるなら、水(アクアクララ)くらいでしょうかね。

 

絞ったメニューで、店員の負担を軽減

提供する商品は、ドルチェグストのすべてが揃っているわけではなく、ピックアップされて絞られています。

ドルチェグストカプセル

カプセル全18種類のうち、店頭メニューは6種類

ネスカフェ ドルチェグストより

 

コンビニだったら、多品種を少量で揃えますよね。

覚える商品の幅は狭くなるので、店員さんに熟練は必要ありません。

 

こんなところかな。

ひと言でいうと、すさまじく効率がいいシステム

 

デメリット。人件費は増加しそう。

逆にデメリット。

ネスカフェスタンドのカウンター内には、常時2名以上のスタッフさんが忙しく動いておられます。(プラス、カーテンの奥に責任者の方?)

かつての駅コンビニだったら、店員さんは1名(大きな駅なら2名以上のところもありますけど)で切り盛りされていたと思うので、人件費は増加していると思います。

 

ドルチェグストの宣伝になる

実はこれが一番大きいメリットなんじゃないかと思います。

 

まず、お手軽とはいえ、高級そうな機械で美味しいコーヒーを入れてもらえ、しかも1杯100円。この値段でこの味なら文句は出ません。

おまけに、ドルチェグストなら、こんなに簡単にこんな美味しいコーヒーを手軽に入れることができますよ、という宣伝にもなります。

 

家にも置いてみよう、と考える人もいるんじゃないかなあ。

これって、お客にお金を払ってもらって実演販売してるようなもんですもんね。

 

ホームのコンビニが大変身!駅コンビニの新しい形「ネスカフェスタンド」がかなりイイ!まとめ

駅ホームのコンビニの売り上げがどれくらいかはわかりませんけど、苦戦しているところも多いはず。

 

いっぽうネスカフェスタンド、いつも何人かは並んでおり、コンビニ店舗だった時よりも、明らかに立ち寄る人の数は多くなっています。

美味しくて、安くて、ついつい立ち寄ってしまうんですね。

 

阪急でもまだ5店舗。

この形態、阪急の他の駅だけじゃなくて、全国の鉄道に広がっていきそうな気がします。

ネスレとしては大成功な事例になるでしょうし、スペースを貸す側も多くなっていくでしょうね。

他に競合する企業ってあるのかなあ。

 

20170119追記。一か月以上リピートしてきた感想と裏メニュー

定期券を買ってから、一か月ほどが経ちました。

平日はほぼ毎日利用しています。

たまに帰りが遅くなるともう閉店しているので、あと1か月で30杯まで飲み切れるかは微妙なところ…もしかしたら、余らせてしまうかもしれません。それでも、かなりおトクな単価なのでありがたい

この一か月でドリンクを入れてもらっている間に気付いたことを追記。

 

日を追うごとに、利用者が増えてきました

知名度が上がってきたのか、どんどん利用者が増えていますね。

電車から降りて寄る人(だいたい定期券利用者です)が並んでいるのを見て、電車待ちをしている人が興味を持つ。

駅のコンビニがネスカフェスタンドなるカフェに変わっているのに気づき、ドリンク料金が100円というのに驚き、その列に並ぶ…というようなサイクルだと思います。

 

「宇治抹茶、ダブル」が大人気

ドリンクを注文して入れてもらっているときによく聞くんですけど、「宇治抹茶をダブルで」と注文する人が多いんです。

 

なにそのオーダー。かっこいいじゃない。

 

女性も男性も多いですね。先日は僕の後ろから3人連続で、抹茶ダブルの注文でしたもん。

宇治抹茶はシングルだとエスプレッソと同じ小さなカップで提供されますが、ダブルだとコーヒーと同じカフェサイズで出るようです。

たっぷり味わうことができそう。今度注文してみようっと。

 

これまで聞いた中での最大の杯数は、「宇治抹茶、4杯入りで」でした。

20170414追記。定期券と回数券が販売終了!

あまりにもお得なサービスだったせいか、定期券と回数券は販売終了となってしまいました…

 

 

20170516追記。「ネスカフェ スタンド」がいろいろとリニューアル

平成29年5月23日に、新規店舗のオープンや割引サービスの変更など、いろいろとリニューアルが加えられるようです。

定期券が復活!(ありがたみは大幅ダウン)

 

4月15日に販売終了となった定期券が復活します。

回数券は復活せず…というか、「ご好評につき」とか言われても、3か月で12杯なんて、正直あまりありがたみはありません。

1か月延びても全然嬉しくないし、12杯なんて回数券と同じレベルじゃないの。

しかも、キットカットのプレゼントは無くなりました

 

7駅に新規オープン

やっぱり増えましたか~。という感じ。

イメージとしては、「ネスカフェ スタンド」がオープンする駅は、全体的に規模の小さい普通停車駅が多いですね。

 

今回「ネスカフェスタンド」が新規にオープンする駅は7駅。

大山崎、水無瀬、神崎川、西京極、御影、芦屋川、清荒神です。

 

これで合計12駅に設置されることになりました。

 

3メニューが追加

これまでの既存メニューに加え、「アイス抹茶」「ホットキャラメルラテ」「アイスキャラメルラテ」の3メニューが追加になります。

写真のとおり、僕の最寄駅はメニューに変更はありませんけどね(笑)

 

こちらの記事も読まれています