先日、無線LANを搭載したSDメモリーカードの機能で、デジカメで撮った写真データをスマホに保存する方法を紹介しました。

 

僕が使っているのは「FlashAir」なんですけど、これがかなり便利でして、保存したい写真も選べるし、おすすめです。

詳しい(と言ってもすごくカンタンです)手順を紹介します。

 

 

デジカメの写真データをスマホにカンタンに保存できるSDカード、「FlashAir」

普通のSDカードと同じように、カメラに入れて使います

FlashAirは、無線LANの機能を持ったSDメモリーカード。

http://www.toshiba-personalstorage.net/product/flashair/index_j.htm

 

”無線LANの機能を持っている”というだけですので、見た目も使い方も、普通のSDカードと何も変わりありません

一般的なSDカードと同じように、デジカメに入れて使います。

 

 

スマホ側にアプリをインストール

デジカメで撮影した写真データをスマホで見るために、アプリをインストールします。(ブラウザからの操作も可能です)

 

 

初期設定が一度だけ必要

デジカメに入っているFlashAirとスマホの間は、無線LANでのWi-Fiで接続を行います。

 

FlashAirとの接続を記憶させるために、スマホ側で、一度だけアプリの初期設定が必要。

FlashAirのWi-Fi電波を登録し、パスワードを設定します。

 

FlashAirアプリを起動させた画面に、写真の一覧が表示されます

これだけで準備完了!

 

アプリを起動させると、メモリーカードに保存されているデータの一覧が表示されます。

 

 

あとは好きな写真を保存すればOK!

見たい写真をタップすれば、スマホの画面に表示されます。

デジカメの画面より大きく表示されるので、この点はスマホの方が便利ですね。

 

気に入った写真を確認して、保存!

これでスマホに保存できました。

 

デジカメもまだまだ活躍します

スマホのカメラ機能もどんどん高画質になってきていますけど、やっぱりすぐ撮れて綺麗に取れるのはまだデジカメの方だと思います。

現像しても綺麗ですしね。

 

手軽に撮りたい→スマホ

綺麗に撮って現像したい→デジカメ

 

僕はこういう使い方なんですけど、「写真を送りたいんだけど、撮ったのデジカメだ!」という時に、FlashAirはスマホに受け渡しがカンタンにできるのですごく便利です。

 

 

デジカメにはまだまだ活躍してもらいますよー。

 

こちらの記事も読まれています